ふたつを併用していく|大事な髪の毛を守りたい人は、プロペシアが一番有効です

ふたつを併用していく

瓶から出ている薬

薄毛の予防策としてプロペシアがとても強力ですが、あなたがもし深刻な薄毛状態になっている場合はプロペシアだけでは残念ながら不十分になる可能性があります。
つまり人によってはプロペシア単体では理想的な結果にはならないということです。

なぜプロペシアで完全に薄毛の治療ができないのか?
その理由として挙げられるのがプロペシアの主な仕組みになります。
プロペシアというAGA治療薬は、主に「抜け毛を予防する効果」を持っています。
つまり新しい髪の毛を生やしていく効果は持っていません。
ということは、すなわち現状存在する髪の毛を守ることはできても、すでにハゲてしまっている部分に新しく髪の毛が生えてくるようなことにはならないわけです。
だから薄毛が深刻化している人の場合、プロペシアを飲み続けたからといってそこから一気に髪の毛が増えてフサフサになることはありません。

じゃあ深刻な人の場合はどうすればいいのか?というと、発毛治療をしているAGA専門のクリニックなどに通うことです。
ここではプロペシアをはじめ、発毛効果を促進させる「ミノキシジル」と呼ばれる薬を処方してくれます。
ミノキシジルもプロペシア同様にAGA治療としてよく使われる薬になりますが、ミノキシジルは血管の拡張効果があり、栄養を髪の毛に行き渡らせやすくしてくれます。
そのためミノキシジルを飲み続ければ、新しい髪の毛が生えてきやすくなるわけです。
ただしミノキシジルはプロペシアのように抜け毛を予防する作用はありませんので、プロペシアとミノキシジルの併用が一番AGAの改善に適している方法だといえるでしょう。